米TI:4-6月期利益見通しはアナリスト予想に届かず-株価下落(2)

米携帯電話用半導体大手のテキサス・イン スツルメンツ(TI)は21日、携帯電話用半導体の需要が鈍化するなかで、 2008年4-6月(第2四半期)についてアナリスト予想を下回る利益見通しを 示した。これを受け、同社の株価は時間外取引で下落した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。