鉄鋼連盟:2007年度粗鋼生産は34年ぶり過去最高-前年度比3.2%増

日本鉄鋼連盟(会長:馬田一JFEスチール社 長)は21日、2008年3月の粗鋼生産量が前年同月比5.1%増の1078万トンになった と発表した。前年実績を22カ月連続で上回った。この結果2007年度通年では1億 2152万トンと前年度比で3.2%増え、1973年度以来34年ぶりに過去最高水準を更新し た。

07年度の粗鋼生産の内訳は、高炉メーカーが主に手がける転炉生産が前年度比

4.2%増の9055万トン、電炉生産は同0.5%増の3097万トンだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE