三菱東京UFJ銀の永易頭取「アジアナンバー1」目指す-提携を拡大へ

三菱東京UFJ銀行の永易克典頭取は、 金融機関との提携拡大などを通じて「アジアナンバーワンを目指す」考えを明 らかにした。自己資本の8%を超えて確保した利益を関係構築や強化のための 出資などに回す方針だ。一方、前期決算で関心が集まる米サブプライム関連損 失については「サプライズはない」と大きな悪影響を否定した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。