世界のリセッションは過去30年で最悪の恐れも-シンガポールGIC

運用資産1000億ドル(約10兆4000億 円)余りの政府系ファンド(SWF)、シンガポール政府投資公社(GIC) のトニー・タン副会長は21日、世界が過去30年間で最悪のリセッション(景 気後退)に直面する恐れがあるとの見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。