米BOA:1-3月期77%減益、不良債権関連での評価損が響く

米銀2位のバンク・オブ・アメリカ(BO A)が21日発表した2008年1-3月(第1四半期)決算は、前年同期比77% の減益だった。雇用減や住宅価格下落を背景に、クレジットカード・ローンや住 宅ローンの返済遅延が増えたことが響いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。