英RBS:LBO融資15億ユーロのリスクを新ファンドに移転-関係者

英銀2位のロイヤル・バンク・オブ・スコ ットランド・グループ(RBS)は、15億ユーロ(約2460億円)相当のレバレ ッジド・バイアウト(LBO)向け融資債権のリスクを移転するためのファン ド設立を計画している。事情に詳しい関係者3人が明らかにした。

関係者が匿名を条件に述べたところによると、ファンドはRBSに対し、 ユーロ建てとポンド建ての融資債権15銘柄とドル建ての6銘柄を保証するデリ バティブ(金融派生商品)を販売する。RBSから受け取った保証料で、ファ ンドの出資者への分配を行う。

米サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題を発端としたリ スク回避志向の高まりで、銀行は約2450億ドル相当のLBO融資債権を抱え込 んだ。格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)によれば、こう した融資債権は値引き販売によって売れ残りは950億ドルまで縮小している。 ブルー・マウンテン・キャピタル・マネジメントのマネジングディレクター、 ジェフリー・クシュナー氏は、「銀行はバランスシートを整理しなければ新規 融資が行えず、収入に響く」と説明し、事態が前進すればすべての当事者にと ってプラスだとの見方を示した。

関係者によると、RBSは傘下のRBSアセット・マネジメントが運営す るファンド「ローン・バリュー・ファンド」に一部出資する。RBSの広報担 当者はコメントを控えた。

RBSはこの日、増資を検討していることを明らかにした。詳細は後日発 表するとしている。ロンドン時間正午(日本時間午後8時)現在の株価は前週 末比12.75ペンス(3.3%)安の371.25ペンス。クレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)のスプレッドは4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%) 上昇の74bp(CMAデータビジョン)。スプレッド上昇は信用の質が劣化し たとの認識を示唆する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE