自工会会長:鉄鋼連盟と協力して合理化へ、鋼材数の削減は一つの案

日本自動車工業会(自工会)の張富士夫 会長(トヨタ自動車会長)は21日の定例会見で、原材料価格の高騰を受けて、 鉄鋼連盟と協力して合理化に取り組んでいく考えを示した。具体的には、自動 車鋼材数の削減などを挙げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。