自動車株が軒並み高い、米不安後退と円安好感-北京ではショー開幕

ホンダやトヨタ自動車、日産自動車など 自動車株が軒並み高い。シティグループやキャタピラーなど米有力企業の決算 発表が想定以上に悪化せず、米国景気に対する過度の不安が後退する中、東京 外国為替市場のドル・円相場は1ドル=104円ちょうどを挟む直近の円安水準 で推移し、業績にプラスと受け止められている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。