日本株は輸出関連中心に大幅高、米景気悲観論が後退-NECは急伸

朝方の東京株式相場は大幅続伸。米企業業 績に対する安心感や為替相場の円安進行を受け、トヨタ自動車などの輸出関連株 中心に幅広い銘柄に買いが先行している。東証業種別33指数のうち、31業種が 高い。個別では、前期(2008年3月期)の連結営業利益が従来予想を上回った NECが売買を伴って上昇。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。