ドル買い協調介入の可能性は低下-G7後のボラティリティ縮小で

7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7) 当局の為替介入によって、年初から対ユーロで12%下落したドルの下げに歯止 めがかかるとみているトレーダーの期待は外れるかもしれない。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。