【今週の日本株】13000円攻防、政治と経済の変化待つ-底打感は醸成

今週(21-25日)の東京株式相場は、国内 の政治と経済両面で今後の方向性を探る重要な材料が相次ぐ上、ゴールデンウイ ーク入りを前に徐々に市場参加者も減少していく可能性が強く、持ち高を一方向 に傾けにくそうだ。このため、過度の世界的金融不安が後退し、再び1万3000 円を大きく割り込むリスクは薄まったが、心理的節目の1万3500円を目指して 戻り歩調にあった日経平均株価も、今週はやや調整含みとなる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。