キヤノン電株が上げ拡大、デジカメ部品やプリンター伸び業績堅調推移

キヤノン子会社のキヤノン電子の株価が上 げ幅を拡大。デジタルカメラ関連部品やレーザービームプリンターなどが好調で、 午後零時半に発表した第1四半期(1-3月)の連結業績は2けたの増収営業増 益となり、6月中間期計画に対する進ちょく率は50%を超えた。足元の良好な 収益状況を評価した買い圧力が増し、午後の取引で前日比110円(4.6%)高の 2500円まで値を切り上げ、約2カ月ぶりの高水準を回復。午前終値は1.5%高の 2425円だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。