IHI:巨額損失発生や株価急落に株主の批判が相次ぐ-臨時株主総会

2007年にプラント関連事業で巨額赤字が 発覚したIHIは18日午前、都内のホテルで臨時株主総会を開催した。総会 では釜和明社長が巨額損失発生の経緯などを説明。株主からは株価下落の責任 を問う厳しい質問などが相次いだが、経営刷新に向けた新取締役5人の選任を 決議し、過去最長の3時間23分で終了した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。