グリーンスパン前米FRB議長:危機は来年まで長引く恐れも

グリーンスパン前米連邦準備制度理 事会(FRB)議長は18日、信用市場危機は最悪期を過ぎたと願ってい ると述べ、米リセッション(景気後退)の期間は金融危機がどの程度長 期化するかに左右されるとの見解を示した。

同氏はイタリアの製造業最大手、フィアット本社での会議に衛星中 継で参加し、状況は引き続き重大な局面にあり、この危機が来年まで長 引く可能性があると述べた。

さらに、リセッションがどの程度深刻化し、かつ長期に及ぶかにつ いては分からないと述べるとともに、アジアからの需要で米景気下降の 度合いが緩和される可能性があると指摘した。同氏はこれまでに、今回 の危機は過去50年間で最悪だとの見方を示している。

同氏は今月上旬に、住宅市場では未販売在庫が減少し景気の回復に つながるとの見通しに基づき、米住宅価格の下落は恐らく来年の初めよ り「かなり前に」終了するとの予想を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE