月例報告:景気回復は足踏み状態-業況判断と米経済は下方修正(2)

大田弘子経済財政政策担当相は18日夕、景 気の基調判断について「回復はこのところ足踏み状態にある」とする4月の月 例経済報告を関係閣僚会議に提出した。基調判断は前月から据え置いたが、原 材料高や円高の影響で企業心理が悪化していることから、業況判断を下方修正。 また、景気後退懸念が強まっている米国景気についても判断を引き下げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。