英RBS:株式発行を検討中、資本増強が目的-事情に詳しい関係者

英銀2位ロイヤル・バンク・オブ・スコット ランド・グループ(RBS)が、信用関連の評価損や同業の蘭ABNアムロ・ホ ールディングの買収で傷んだ資本の増強を目的に、株式発行を検討中だ。事情に 詳しい関係者1人が18日までに明らかにした。

同関係者によれば、自己資本規制や信用資産の悪化を受けた動きだが、RB Sは何も決定していないという。

英紙デーリー・テレグラフはこの日、RBSが少なくとも50億ポンド(約 1兆200億円)規模の株主割当増資を実施する計画だと報じ、ゴールドマン・サ ックス・グループとメリルリンチを幹事に起用したと伝えた。同報道を受け、R BSの株価は同日のロンドン市場で、一時4.9%上昇した。

RBSは昨年、スペインのサンタンデール銀行やベルギーのフォルティスと 組み、総額約720億ユーロ(約11兆7700億円)でABNアムロを買収。ただ、 現金を主体とした同買収と、米サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ロー ン市場崩壊に端を発した信用危機を受け、財務に余力がなくなってきている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE