債券は下落、米債安・株高で売り-10年債は1.4%に上昇(終了)

債券相場は下落(利回りは上昇)。前日の 米国債相場が続落したことに加え、国内株式相場が続伸したことで、売りが優勢 となった。日銀の利下げ期待が後退していることも圧迫要因という。新発10年 債利回りは、1.4%に上昇、2月28日以来の1.4%台乗せとなった。

中央三井信託銀行総合資金部次長の関一也氏は、「調整ムードに入ってきた 感がある。前日発表された2月の鉱工業生産が改定で過去最高に達し、日銀の金 利正常化路線ができるとの見方が出てきた。利下げに対しては過度に期待してい たところがはげるというイメージ。株価も悪材料を織り込んで下値を固めるよう な動きになっている」と述べた。

東京先物市場で中心限月6月物は4日続落。前日比横ばいの138円89銭で 寄り付いた後、買い戻しが入り、午前9時58分ごろに日中高値139円12銭まで 上昇した。しかし、買いは続かず、再び売りが優勢になると、大引け間際に日中 安値の138円54銭まで下落し、3月上旬以来の安値をつけた。結局、29銭安の 138円60銭で引けた。

日経平均株価は4日続伸。前日比78円15銭高の1万3476円45銭で取引を 終了した。

新発10年債利回りは1.4%に上昇

現物債市場で、新発10年物の291回債利回りは、前日比0.5ベーシスポイ ント(bp)高い1.38%で取引開始。その後は、若干水準を切り下げ、午前9時 58分ごろに横ばいの1.375%をつけた。午後に入って、徐々に水準を切り上げ、 4時半過ぎに2.5bp高い1.4%と2月28日以来の1.4%台乗せとなった。

新発20年債利回りは1bp高い2.155%、新発30年債は0.5bp低い2.425% で推移している。午前中に堅調だった中期債から午後は超長期債への入れ替えの 動きもみられた。新発5年物の70回債利回りは1.5bp高い0.92%と2月27日 以来の高い水準に上昇した。

三菱UFJ証券金融市場部戦略商品課長の福谷歳之氏によると、「朝方は堅 調だったが、午後に入って株価が値を戻したことから、先物主導で押された。物 価連動債の買い入れ消却も売りたい人はあまりいなかったようだ。超長期債は、 来週に20年債入札を控えて重くなっていたが、午後はしっかり」という。

財務省が実施した国債整理基金による10年物価連動債の買入消却では、予 定額800億円程度に対して、応募額が2408億円だった。

白川日銀総裁、景気は当面減速後、緩やかな成長経路

日本銀行の白川方明総裁は、本店で開いた定例支店長会議であいさつし、 「景気はエネルギー・原材料価格高の影響などから減速している。先行きについ ては当面減速が続くものの、その後は潜在成長率並みの緩やかな成長経路をたど ると予想される」と述べた。

金融政策については、「日銀は経済・物価情勢を丹念に点検しながら、見通 しの蓋然(がいぜん)性とそれに対するリスクを見極めた上で、それらに応じた 適切な金融政策運営を行っていく」と語った。

日銀が公表した「地域経済報告」(さくらリポート)では、足元の景気につ いて「地域差はあるものの、エネルギー・原材料価格高の影響などから、全体と して減速している」として、「全体として緩やかな拡大基調にある」とした1月 の前回報告から下方修正した。地域経済の景気判断を下方修正したのは、前回報 告に続き2回連続。地域別では全9地域のうち、北海道を除く8地域が景気判断 を下方修正した。

AIGインベストメンツのポートフォリオマネジャー、横山英士氏は、「景 気判断は下方修正され、『経済・物価情勢の展望(展望リポート)』でも慎重な 見方が示されるだろう。利上げは当分先との見方にはなるが、利下げはないとみ ている。白川総裁は、基本的に金利正常化に向けたスタンスだと思う」と語った。

またモルガン・スタンレー証券チーフエコノミストの佐藤健裕氏は、1-3 月期の実質国内総生産(GDP)成長率は、前期比年率プラス2%を上回る見込 みと予想。その上で、「総裁指名プロセスが意外な展開をたどった結果、予防的 利下げのがい然性は後退し、利下げ見通しが瀕死(ひんし)の状態にあることは 否定しない。利下げは危機対応のため温存される公算が強まっている」と説明し た。

(債券価格)                            前日比         利回り
長期国債先物6月物         138.60        -0.29         1.544%
売買高(億円)             44080
10年物291回債            99.13                 1.40%(+0.025)

--共同取材:宋泰允 Editor:Hidenori Yamanaka,Norihiko Kosaka

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 池田祐美 Yumi Ikeda +81-3-3201-2490 yikeda4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Sandy Hendry +852-2977-6608 shendry@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE