日本株(終了)日経平均は今年初の4連騰、円安など外部環境落ち着き

週末の東京株式相場は続伸し、日経平均 株価は今年初の4連騰となった。外国為替市場の円安や金融不安の後退による 外部環境の落ち着きから、輸出関連株や時価総額上位企業を中心に割安を見直 す動きが強まった。トヨタ自動車が4日続伸するなど自動車株が買われ、キヤ ノンなどの電機株、機械株も上昇。市況改善期待から、新日本製鉄などの鉄鋼 株や商船三井といった海運株も大幅高で、海運は東証1部の業種別上昇率1位。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。