Bカメラ:池袋の家電販売戦争でうれしい誤算-ヤマダ出店で相乗効果

首都圏を地盤とする家電量販店ビックカ メラが本社を構える池袋に昨年ヤマダ電機が進出したことで、同社池袋本店の 売上高が4割程度の伸びにつながったことが明らかになった。ヤマダ電機が仕 掛けた形で始まった、「池袋家電戦争」と呼ばれる家電量販店の競争は、顧客 の争奪戦とは反対に池袋地域への集客力を向上させる結果をもたらした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。