アジア株:MSCI指数、4日ぶり反落-リオ・ティントが安い

18日午前のアジア株式市場では、MSCI アジア太平洋指数が4日ぶりに反落している。米製薬大手ファイザーの2008年 1-3月(第1四半期)利益がアナリスト予想を下回ったことや、オーストラリ アの鉱山会社BHPビリトンが同業の英豪系リオ・ティントに対する買収提示額 を引き上げる計画はないとの報道に反応した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。