経財相:生産は横ばい圏内-鉱工業生産確報は思ったより強い数字(2)

大田弘子経済財政政策担当相は18日午前 の閣議後会見で、経済産業省が17日午後発表した2月の鉱工業生産指数確報 について「思ったより強い数字で、やや意外感があった」と述べる一方、製造 工業生産予測指数が3月はプラスで4月はマイナスになっていることに触れ、 「いずれにしても生産は横ばい圏内にあることには変わりはない」との認識を 示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。