米AMD1-3月期:6四半期連続の赤字-インテルとの競争が影響

米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デ バイシズ(AMD)が17日発表した2008年1-3月(第1四半期)決算は、 ライバルのインテルとの競争に苦戦するなか、6四半期連続の赤字となった。

純損益は3億5800万ドル(1株当たり59セント)の赤字で、前年同期の 6億1100万ドル(同1.11ドル)から赤字幅が減少した。売上高は前年同期比22% 増の15億1000万ドルとなり、7日に下方修正した予想並みだった。

キャリスのアナリスト、ダニエル・バレンボーム氏らによると、AMDは インテルに受注を奪われている可能性がある。新製品投入の遅れを受け、AM Dはインテルの新製品に対抗するため値下げを余儀なくされた。

ブルームバーグ調査によるアナリスト予想平均では、1株損失が55セント、 売上高は15億ドルが見込まれていた。AMDは今月、あらゆる事業での受注不 振を理由に、売上高が当初予想を下回る約15億ドルになったもようだと説明し ていた。

決算発表は米株式市場の通常取引終了後だった。AMDの株価終値は前日 比12セント高の6.19ドル。年初来騰落率はマイナス17%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE