シカゴのコメ先物:値幅制限いっぱいの上昇、最高値更新-供給不足で

シカゴ商品取引所(CBOT)のコメ先物 相場は17日、値幅制限いっぱいの上昇となり、過去最高値を更新した。世界の 在庫が減少するなか、トルコとフィリピンが供給を確保しようとしていることが 要因。

ベトナム、中国、エジプト、インドなどの国々が、国内需要に対応するため 輸出を抑制したことを受け、コメ価格は過去1年間で2倍に上昇した。フィリピ ンは17日、入札で32万5750トンのコメを確保したが、目標の50万トンを下回 った。同国は5月にも入札を計画しており、20%多い60万トンの購入を目指す 可能性がある。

三菱商事フューチャーズ証券・調査チームの菅田修司課長は、供給が非常に ひっ迫しているため、一部の輸入国、特に東南アジアの国々は、困難を感じてい ると指摘。非常に薄商いであるため、入札での購入では、容易に価格がつり上が るとの見方を示した。

CBOTのコメ先物相場5月限は、値幅制限いっぱいの75セント(3.3%) 上昇し、100ポンド当たり23.30ドルと、過去最高値に達した。今週に入って 11%高騰している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE