日本株は電機中心に小反落へ、米製造業指数の低調を嫌気-金融下支え

週末の東京株式相場は、4日ぶりに小幅 反落となる見通し。米国で製造業の景況感が悪化したほか、フィンランドの携 帯電話メーカーであるノキアの業績停滞から、世界経済の減速リスクが意識さ れそう。電機株を中心に、輸出関連株が安くなると予想される。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。