米クリスピー・クリームの11-1月期:過去2年で最悪の赤字-減収

米ドーナツ店チェーンのクリスピー・クリ ーム・ドーナツが17日発表した2007年11月-08年1月(第4四半期)決算 は、売上高の減少やコスト増大が響き、四半期ベースでは過去2年で最悪の赤字 となった。

発表文によれば、純損失は3180万ドル(1株当たり50セント)と、前年 同期の2440万ドル(同39セント)から拡大。売上高は前年同期比1.1%減の 1億1090万ドルだった。

クリスピー・クリームは2000年実施の新規株式公開(IPO)以降、4年 にわたって事業を拡大したが、このところは不採算店の閉鎖に動いている。第4 四半期には32店舗を新規開店し、6店舗を閉鎖。年度末時点の総店舗数を449 店とした。

第4四半期の減価償却やリース関連コストは2760万ドル(1株当たり43 セント)となり、前年同期の600万ドル(同10セント)を上回った。

クリスピー・クリームのこの日の株価終値は前日比4セント(1.3%)安の

3.08ドル。年初来では2.5%下落。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE