NY金:反落、終値942.90ドル-対ユーロでのドル上昇で売り

ニューヨーク金先物相場は反落。ド ルが対ユーロで上昇に転じ、金の売り材料になった。銀相場も反落した。

欧州中央銀行(ECB)がユーロ高の抑制に動くとの観測が広がり、 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.5983ドルの過去最高値から下落した。年 初来では金相場は13%高、ユーロは8.9%上げている。金相場は3月17 日には過去最高値となるオンス当たり1033.90ドルを付けた。

アルタベスト・ワールドワイド・トレーディング(カリフォルニア 州)の商品ブローカー、トム・ハートマン氏は「ドルが値を戻しており、 貴金属相場の下落につながっている」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前日比5.40ドル(0.6%)安の1オンス=942.90ドルで取引を 終えた。一時は3月28日以来の高値となるオンス当たり956.20ドルを 付ける場面もあった。

銀先物5月限は前日比2セント(0.1%)安のオンス当たり18.305 ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE