温暖化で北極のゴールド・ラッシュに期待高まる-BHPなど鉱山大手

米空軍は冷戦時代、北極地方の上空を飛 行するソビエト軍の爆撃機を監視するため、カナダのバフィン島にある砂利で できた滑走路を利用した。いま、地球温暖化によって氷が溶解しているこの島 から、ケン・リー氏は鉱石のサンプルを空路で輸送している。同氏が最高経営 責任者(CEO)を務めるコマンダー・リソーシズ(バンクーバー)が、島に 金が埋蔵されているとみているからだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。