西武百:10年度総売上高8.4%増に、本店改装で-副都心線競争激化

ミレニアムリテイリング傘下の西武百貨店 は17日、旗艦店である池袋本店の全館改装計画を発表した。4月以降、約300 億円を投じ4期に分けて増床などを実施、10年に全改装を完了する予定。地下 鉄新線の開業に伴い、池袋本店と渋谷店とを連動させ、ブランドイメージの復 権を目指す。10年度には同社の総売上高5000億円、07年度と比べ8.4%伸ばす 方針。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。