アジア株:3日続伸、好決算で収益懸念後退-銀行株やLG電子が高い

17日のアジア株式相場は3日続伸。金融 関連や家電メーカーが上昇をけん引している。複数の米大手銀行と韓国のLG 電子の決算が市場予想を上回り、世界的な景気減速が企業収益を押し下げると の懸念が後退した。

米銀JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(C EO)が信用危機は終息に近づいているとの認識を示したことを受け、三菱U FJフィナンシャルグループが急伸。テレビ生産で世界3位のLG電子は3週 間ぶりの高値。英・オーストラリア系の鉱山会社リオ・ティントは、豪BHP ビリトンが同社に対する買収提示額を引き上げるとの観測から上昇した。

フィリップ・キャピタル・マネジメントの投資アナリスト、ジェームズ・ チュア氏(シンガポール在勤)は「サブプライム(信用力の低い個人向け)住 宅ローン関連評価損に関しては終息が視野に入っている」と指摘。「アジアの 消費者はかなり消費しており、今のところ支出を制限していない」との見方を 示した。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前11時51分現在、前日比

1.5%高の146.86。前日までの2日間で1.7%上昇していた。日経平均株価 の午前終値は前日比306円10銭(2.3%)高の1万3452円23銭。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE