コンテンツにスキップする

【5%ルール】タワー投資顧問、英ダルトン、プロスペクト、平成電電

財務省に17日提出された大量保有報告書の 主な状況は以下の通り。

タワー投資顧問:ジョイント・リート投資法人(8973)株式の保有比率を

10.74%から12.21%に増やした。

ダルトン・ストラテジック・パートナーシップ・エルエルピー:ユナイテッ ドアローズ(7606)株式の保有比率を6.32%から2.12%に減らした。

アクサ・ローゼンバーグ証券投信投資顧問:大真空(6962)株式の保有比率 を5.17%にした。

アクサ・ローゼンバーグ証券投信投資顧問:ナナオ(6737)株式の保有比率 を5.04%にした。

ボッシュ・デアモーテヒニック・ホールディング・ビーヴイ:グループ全体 でリンナイ(5947)株式の保有比率を10.89%から19.90%に増やした。

プロスペクト・アセット・マネジメント:アークランドサカモト(9842)株式 の保有比率を9.72%から8.51%に減らした。

プロスペクト・アセット・マネジメント:ゼファー(8882)株式の保有比率を

8.48%にした。

カテリーナ・イノウエ:日本ハウズイング(4781)株式の保有比率を7.55% から10.85%に増やした。

アライアンス・バーンスタイン・エル・ピー:グループ全体でアルプス電気 (6770)株式の保有比率を12.63%から13.68%に増やした。

平成電電:トライアイズ(4840)株式の保有比率を8.23%からゼロにした。

いちごアセットマネジメント:アセット・マネジャーズ・ホールディングス 株の保有比率を16.47%に据え置いたうえで、保有目的に「純投資および状況に 応じて重要提案を行う」との項目を追加した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE