サムスン・グループ会長を起訴、脱税と背任の罪-韓国検察当局

韓国検察当局は17日、国内最大の財閥、 サムスン・グループの不正資金疑惑をめぐり、同グループの李健熙(イ・ゴン ヒ)会長(66)を脱税などの罪で起訴したと発表した。

3カ月間に及ぶ捜査を続けてきた特別検事チームはソウルで記者会見し、 李会長を1128億ウォン(約116億円)の脱税と背任の罪で起訴したことを明ら かにした。李会長は検察側の主張を否定している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE