英豪リオと豪BHPのCEOの夕食会-中国主導の買収合戦の幕開けに

2007年10月、英豪系リオ・ティントのト ム・アルバネーゼ最高経営責任者(CEO)と豪BHPビリトンのマリウス・ クロッパースCEOは、ロンドンのクラリッジズ・ホテルで雑談をしていた。 2人の姿は、世界を駆け巡る外交官のようだった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。