日本株:輸出や金融中心に3連騰、米銀決算波乱なし-静かに割安評価

東京株式相場は2週間ぶりの3連騰。米 銀大手JPモルガン・チェースなどの業績悪化が限定的だったため、信用収縮 や景気に対する過度の懸念が後退した。みずほフィナンシャルグループが5連 騰となるなど、金融や不動産が上昇。円安も追い風となり、輸出関連株も軒並 み上げた。今期営業利益が2割減益の見込みと報じられたトヨタ自動車は、業 績悪化は株価に反映済みとして終値では2週間ぶりに5000円台を回復。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。