米大統領選:クリントン、オバマ両氏、攻撃の受けやすさめぐり対立

米大統領選挙の民主党候補の指名獲得を争 っているバラク・オバマ、ヒラリー・クリントン両上院議員は16日夜のペンシ ルベニア州での討論会で、どちらが候補になっても11月の本選挙で民主党を勝 利に導けるとの見方で一致した半面、どちらが共和党の攻撃を受けやすいかと いう点については双方の意見を戦わせた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。