加トムソンと英ロイター:きょう合併、トムソン・ロイターが正式発足

カナダのトムソンによる英ロイター・グルー プの買収がきょう完了し、トムソン・ロイターが正式発足するのに伴い、新会社 を率いるロイターのトーマス・グローサー最高経営責任者(CEO)は16日、 拠点を置くニューヨークでの事業統合に重点的に取り組む考えを示した。

グローサー氏は改装中のオフィスでインタビューに応じ、最優先課題は「申 し分のない統合」を実現することだと語った。

両社は、法的データベースと債券取引ネットワーク、ニュース事業を統合す る。グローサー氏によれば、最も重複するのは米国の事業と職務で、中でもニュ ーヨークで重なる部分が多い。また利益予想などを提供する投資・助言部門もそ うだという。

グローサー氏は、東京でのオフィス重複などにも言及した上で、「われわれ はすべての種類が2つずつ乗ったノアの箱舟を持っている」と指摘。人員削減に よるコスト節減は現在の主要課題ではないとの認識を示した。

同氏は向こう3年間で5億ドル(約510億円)の年間コスト削減を達成する と、再び強調。またロイターの事業が現在の信用危機の影響を「比較的免れてき た」と語った。ロイターは3月に、買収・売却と通貨変動の影響を除いたベース で2008年1-3月(第1四半期)の売上高が9%増えると予想した。

昨年5月に買収合意が発表されて以来、現金と株式による買収価格は当時の 87億ポンド(約1兆7500億円)から約80億ポンドに目減りした。トムソンの 株価はこの間に19%下落した。

新会社のティッカー・シンボル(証券コードに相当)は「TRIL」で、ロ ンドン株式市場では現地時間午前8時(日本時間午後4時)から取引開始となる。 ニューヨークとカナダのトロント両市場では「TRI」となる。

ブルームバーグ・ニュースの親会社ブルームバーグ・エル・ピーは、金融サ ービス業界向けに情報や取引システムを提供するサービスで、トムソン・ロイタ ーと競合関係にある。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE