中国人民元:ペッグ制廃止後の最高値-温首相がインフレ抑制方針表明

中国人民元の対ドル相場は17日、2005年の ドル・ペッグ(連動)制廃止後の最高値を更新。温家宝首相が、景気過熱防止 とインフレ抑制が同国政府の優先事項であることを強調したのを受け、元買い が優勢になっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。