テンプルトンのモビアス氏:世界の信用危機は「終わりに近い」

テンプルトン・アセット・マネジメント のファンドマネジャー、マーク・モビアス氏は17日、ブルームバーグテレビジ ョンとのインタビューで、世界の金融機関に巨額の損失をもたらしている信用危 機は「終わりに近い」との認識を明らかにした。

モビアス氏(71)は、バリュエーション(企業価値)に言及し、銀行株を 購入していると語った。同氏は470億ドル(約4兆8000億円)相当の新興市 場株の運用に携っているが、マレーシア株もますます投資妙味が高まりつつある との見方を示した。

モビアス氏が運用するテンプルトン・エマージング・マーケッツ・ファン ド(運用資産3億7600万ドル)は、16日までの1年間で15%上昇。指標と なるMSCI新興市場指数は同期間19%の上昇だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE