NYT紙の「リセッション」使用頻度、エコノミストの新たな目安に

米国がリセッション(景気後退)入りした かしないかを議論しているエコノミストにとって、新たな目安になり得る尺度 がある。ニューヨーク・タイムズ紙の記事に「リセッション」という言葉が使 われた頻度だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。