トヨタ株は5000円回復、今期の2割減益報道は反映済みの見方(3)

自動車販売で世界2位のトヨタ自動車の株 価が続伸し、6営業日ぶりに5000円台を回復。今期(2009年3月期)の連結経 常利益が、急激な円高や米国景気減速の影響で約2割の減益になる見通しと17 日付の日本経済新聞朝刊が報じたが、すでに現状水準には反映済みとの見方がア ナリストの間から示されている。信用収縮不安の後退で日米株式相場が急伸、目 先のドル安不安が和らいでいることも、株価指数への寄与度が大きいトヨタ株に は支援材料となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。