旭硝子:北米5工場停止、サブプライム余波で-製造業も収益影響(3)

液晶用ガラス生産で世界2位の旭硝子は、北米 での板ガラス事業を再編する。米サブプライム問題の余波による住宅市場の不振や 原油高による採算悪化に対応、板ガラスを製造する5工場の生産を停止して建築用 加工ガラス事業は売却する。北米事業の低迷でトヨタ自動車は今期減益予想が出る など、サブプライムの悪影響が日本の製造業の事業や収益にまで広がり始めている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。