旭硝子:北米5工場停止、住宅低迷で需要減-付加価値分野に資源集中

旭硝子は17日、年内にかけての北米で板ガラス を製造する5工場での生産停止と建築用加工ガラス事業の売却を決定したと発表した。 住宅市場の低迷で需要が低迷していることに対応して事業を再編、太陽電池用硝子と いった成長が期待できる付加価値製品に経営資源を集中する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。