米ブラックロックCEO:「次のバブルは米国債」-MBSを買い推奨

米資産運用会社ブラックロックのローレン ス・フィンク最高経営責任者(CEO)は16日、米国債を売るべきだとの見解 を示した。米国債相場の上昇により、割高感があることが理由。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。