集合住宅の賃貸料:世界一は香港、10位までにアジア6都市-東京4位

人材コンサルタント企業、ECAインター ナショナル(ロンドン)が16日までに公表した調査結果によると、集合住宅の 賃貸料が世界で最も高いのは香港だった。賃貸料10位までにはアジアから6都 市が入り、東京は4位だった。

3ベッドルームの住戸の1カ月の賃貸料を比較すると、アジアの平均は 3820ドル(約38万8000円)で、世界平均の2950ドルを上回った。ECAは 海外で働く従業員の住宅を探す顧客企業への情報提供のため、世界の92都市を 調査した。

香港は2年連続で賃貸料が世界で最高だった。外国人に人気の高い地域の 3ベッドルーム住戸の賃貸料は約9734ドルとなり、前年の8592ドルから上昇 した。

賃貸料2位はモスクワ、3位はニューヨークだった。トップ10入りしたア ジアの都市はほかに、ムンバイ、ソウル、シンガポール、ホーチミン。ロンド ンは5位だった。

関連ニュース: 香港の不動産 {TNI HK REL}

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE