3月の米住宅着工は前月比5.2%減の101万戸、CPI上昇か-調査

ブルームバーグ・ニュースが金融・調査 機関72社を対象に実施した調査によると、16日に発表される3月の米住宅着 工件数は年率101万戸(中央値)と、前月から5.2%減少したもようだ。17年 ぶりの低水準近くに落ち込み、建設不振が引き続き今年の米経済成長を圧迫し つつある状況を示唆するとみられる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。