蘭ASMLの1-3月:4.9%減益-08年通期の売上高10%減見込む

欧州最大の半導体製造装置メーカー、オラ ンダのASMLホールディングが16日発表した2008年1-3月(第1四半期) 決算は、前年同期比4.9%減益となった。装置の販売台数が低調だった。

純利益は1億4510万ユーロと、前年同期の1億5270万ユーロから減少した。 ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト7人の調査の平均では、1億 4180万ユーロが見込まれていた。発行済み株数の減少により、1株利益は0.33 ユーロと前年同期の0.31ユーロから増えた。売上高は前年同期比3.1%減の9億 1920万ユーロと、アナリスト予想の9億1450万ユーロ(15人の平均)を上回っ た。

同社は08年通期の売上高が前年比で10%減少するとの見通しを示した。同 社は1月16日の前回決算発表時に、景気に関する「極度の不透明感」を理由に 第1四半期の受注見通しを示すことを控えた。

決算はアムステルダム市場の通常取引開始前に発表された。株価は15日ま でで年初来30%下落していた。

-Editors: Peter Branton, Phil Serafino

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net Editor:Eiji Toshi 記事に関する記者への問い合わせ先: Marcel van de Hoef in Amsterdam at +31-20-589-8564 or mvandehoef@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Lars Klemming at +46-8-610-0728 or lklemming@bloomberg.net

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE