白川日銀総裁:為替相場は対ユーロでは必ずしも円高方向ではない(2)

日本銀行の白川方明総裁は16日午前、衆 院財務金融委員会で、為替相場について「全般に振れの大きな展開となってい る」とした上で、「円の為替レートはドルとの関係で言うと円高方向だが、ユ ーロとの関係で言うと必ずしも円高方向になっているわけではない」と述べた。 公明党の石井啓一氏の質問に答えた。

白川総裁は「為替相場の水準や動きそれ自体を中央銀行の立場で評価する のは必ずしも適切ではない」とした上で、「一般論として言えば、為替相場は 経済のファンダメンタルズ(基礎的諸条件)を反映していることが望ましい」 と語った。

白川総裁はまた、内外金利差について「為替相場に影響を与え得る要因の 1つ」としながらも、「これまでの為替相場と内外金利差との関係をみても、 必ずしも1対1で対応しているわけではない」と指摘。為替相場は「内外の経 済金融情勢や、何よりもその先行きに関する市場参加者の見通しなど、さまざ まな要素によって決まってくる。金利差との関係だけで議論することは難し い」と述べた。

白川総裁はその上で「中央銀行としては為替相場を含め、金融市場の動向 は経済にさまざまな影響を与えることがもちろんあるので、その影響について は非常に注意深くみている」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE