米ワシントンM:取締役辞任、経営陣の賞与削減へ-貸し倒れ増を予想

米S&L(貯蓄・貸付組合)最大手のワシン トン・ミューチュアルは15日、2008年1-3月(第1四半期)決算が2四半期 連続の赤字となったことを受け、取締役1人が辞任することを明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。