米ワコビアの08年通期の利益見通しを下方修正-オッペンハイマー

オッペンハイマーのアナリスト、メレディ ス・ホイットニー氏は15日、米銀4位ワコビアの2008年通期の利益見通しを 下方修正した。ワコビアの1-3月(第1四半期)決算は予想外の赤字となり、 同行は資本増強を目指して増資計画を発表していた。

ホイットニー氏は、ワコビアの08年通期の1株当たり利益見通しを1.70 ドルと、従来の2.70ドルから引き下げた。増資により既存株の価値が約15% 希薄化するほか、米サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題に 関連した損失を理由に挙げた。

同氏は、ワコビアの第1四半期の赤字と普通株と優先株の売却により、ワ コビアは「増資を目指す企業の長い行列の最前列に並ぶことになる」と指摘し た。

ワコビアの株価終値は前日比13セント安の25.42ドル。14日は8.1%安 だった。年初来では33%下落している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE