米インテルの1-3月期:12%減益-売上高見通し好感し株価上昇

半導体最大手、米インテルが15日発表し た2008年1-3月(第1四半期)決算は、利益がアナリスト予想に合致した。 米景気減速に直面しても需要が持ちこたえるなかで、4-6月(第2四半期) の売上高が市場予想を上回る可能性があることも明らかにした。これを受け、 同社株価は時間外取引で一時、8%高となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。