日立ソフト株が大幅反発、前期営業益は最高に-金融向けシステム好調

日立製作所系列で、ソフトウエアや情報処 理システムの開発を手掛ける日立ソフトウェアエンジニアリングの株価が買い気 配で始まり、寄り付き後は250円(11%)高の2595円まで上昇している。3営 業日ぶりの大幅反発で、約1カ月半ぶりの高値水準を回復。金融機関や製造業向 けのシステム開発を中心に、売上高の約8割を占めるソフトウエア・サービス事 業が好調だったほか、原価低減や生産性向上も寄与し、前期(2008年3月期) の連結営業利益は過去最高となったもよう。足元の良好な収益状況を評価した買 いが先行した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。